ホーム > 社会保険 > 老齢基礎年金とは何ですか?

老齢基礎年金とは何ですか?

老齢基礎年金とは、国民年金に加入し要件を満たした者が、所定の年齢になってから受給する(給付される)年金のことです。一般的に「老齢年金」と呼ばれるものはこの「老齢基礎年金」のことを指しています。

 

老齢基礎年金の資格期間とは、次の期間を足した合計です。

 

・ 国民年金の保険料を納めた期間

・ 国民年金の保険料の免除を受けた期間

・ 若年者納付猶予期間

・ 学生納付特例期間

・ 第3号被保険者であった期間(昭和61年(1986年)4月以降)

・ 昭和36年(1961年)4月以後の、厚生年金保険や共済組合に加入した期間

・ 任意加入できる人が、任意加入しなかった期間(カラ期間)

 

カラ期間とは、受給の資格を満たしているかどうかの判断材料としては計算されますが、年金額の計算(年金の増額)の判断材料としては、計算されない期間等のことです。

 

 

社労士ならこちらのサイトへ!社会保険の新規加入をお手伝いします。

 

 

 

60歳になるまでの間に納付期間が不足する場合は、65歳になるまで、任意で国民年金保険料を払込みして、資格期間を満たすことができます。

 

(昭和40年4月1日以前に生まれた人の場合は、5年の延びて、60歳~70歳まで払い込めるようになっています)

 

ですから、40歳から国民年金を払込み始めてもまだ間に合うのです。20歳以上でまだ保険料を納付していない方は、あきらめずにぜひ、納付し始めるのがお勧めです。