ホーム > 相続税 > 孫の遺産相続はどうなっている?

孫の遺産相続はどうなっている?

遺産を孫へ残す場合は、代襲相続、遺言、養子縁組によって遺産を渡すことができます。

代襲相続は、両親が死亡するなどした場合に、その子供に相続する権利が承継されることを言います。この方法は、自分で代襲の状況を作る事が困難である偶発的な方法です。

    

    

続手続きならこのサイトがおすすめ



遺言は、一般的な方法で非常に簡単にできます。ただし、他の人から法律で定められた遺産の取り分である遺留分を請求され遺産の争いに孫が巻き込まれる可能性もあります。

養子縁組は、孫を養子にすることで法律上の子供として、遺言が無くても遺産を渡せます。しかし、孫が未成年である場合などでは親族間での同意が必要となります。

なお、遺言、養子縁組によって遺産を渡された孫は、その遺産に係る相続税が2割増しとなります。遺産を渡して税金が発生しそうな場合は、税理士に相談するなどして遺産を調整した方が良いでしょう。